別れさせ屋でさえてこずる厄介な依頼とは?

別れさせるプロ、別れさせ屋でもてこずる仕事がある

別れさせ屋という仕事は、いかなる種類の依頼に対しても最大限の努力の元、結果を出さなければなりません。

そのため、多くの別れさせ屋は外部の優秀な別れさせ工作員を雇います。

また、たいていの別れさせ屋は、依頼を受ける際に、ターゲットの身辺調査を念入りにします。ターゲットにまつわる情報を少しでも集めておくことによって、別れさせられる可能性が上がるからです。

しかし、そんな別れさせ屋でさえもてこずってしまう依頼が存在します。今回は、そんな別れさせ屋を困らせる依頼についていくつかご紹介します。

多くの別れさせ屋は外部の優秀な工作員を雇います。

ターゲットが家から出てこない場合、別れさせ屋は動きずらい

別れさせ屋が仕事を成功させるためには、まず何よりもターゲットに接触しなければなりません。そのため、ターゲットに会うのが難しい場合、別れさせ屋の仕事が成功する可能性は非常に低くなってしまうのです。

例えば、娘が引きこもりの男性と付き合っているため、別れさせてほしいという依頼が来たとします。この場合、引きこもりの男性に工作員が接近し、依頼者の娘との関係を徐々に解消させるというのがセオリーなのですが、相手は引きこもりです。ターゲットが家から出てこないと、別れさせ屋の常とう手段である偶然街で会うという手段が使いづらいのです。また、用もないのに他人の敷地に足を踏み入れたら住居不法侵入の罪で捕まってしまうので、やたらと家に押しかけることもできません。なにより出会いは自然でなければいけません。引きこもっている男性と自然に出会うというのは至難の業なのです。

こういった場合には、引きこもりの男性の敷地に入る正当な理由がなければなりません。有効なのは、「私隣の家に住んでいるものですけど、彼氏と喧嘩してて、怒った彼氏が投げたスマホがあなたの家の敷地に入ったみたいなので、探してもいいですか?」と押しかけることです。

これで引きこもりの男性と接触する機会が持てるので、あとは適当にスマホを探すふりをしながら、この男性に自らの辛い境遇を話し始めます。(この内容は彼氏に日常的に暴力を受けていて辛いなどの設定にすると、引きこもりの男性が感情移入しやすいです。)

それからは、彼氏のことで定期的に相談させてほしいと頼み込み、引きこもりの男性と会う機会を作っていき、徐々に仲良くなっていくことで、この男性と依頼者の娘さんとの関係を解消していくのです。

このように、引きこもっている人に対してのアプローチの方法が全くないわけではありませんが、やはり家の中にずっといる人に対しては自然な出会いが演出しずらいので、こういったケースは別れさせ屋が扱う依頼の中でも非常に難易度の高いものとなるでしょう。

ターゲットが別れさせ屋の手法を熟知していると別れさせ屋は大変

別れさせ屋の工作員が一番避けなければいけないことは、ターゲットに工作員だとばれることです。よって別れさせ屋にとって、一番の天敵は同業者、もしくは弁護士などの別れさせ屋の手口を知っている人間です。こういった人たちがターゲットの場合、依頼の難易度はグッと上がります。

別れさせ屋は依頼毎に多種多様なアプローチを持っているものですが、それでもある程度別れさせ屋の手法というのはパターン化されているものなのです。なので、もしターゲットが別れさせ屋の依頼に詳しい場合は、どうしても奇策を使わなければなりません。

例えば、旦那が浮気をしているので浮気相手と別れさせてほしいという依頼が来たとします。そしてこの浮気相手の女性を調査したところ、探偵事務所で働いていることが分かりました。

普通ならば、こういった場合はこの女性に工作員を接近させて依頼者の夫と別れさせるのがセオリーです。しかし相手は探偵業に携わっている人間です。下手なことをしたらすぐに不審がられ、別れさせ屋だとばれてしまうかもしれません。

こういった場合には、この女性にはアプローチをかけずに、依頼者の旦那さんを説得することにより奥さんとの復縁を目指します。

説得するのは同性が良いので、男性の工作員を依頼者の夫に自然に接近させ、深い話ができるところまで仲良くなります。

その後、工作員の方から、過去に不倫をした経験があり、それがばれたせいで離婚して会社も首になり、すべてを失ったという体験談を依頼者の旦那さんに話してもらいます。

こうすることによって依頼者の旦那さんに不倫のリスクを徐々に教え、怖がらせます。それと同時に、依頼者である奥さんはいつも以上に旦那さんに優しく接することにより、旦那さんに罪悪感を持たせ、不倫を辞めさせ別れさせるのです。

こういった方法を使えば、別れさせ屋にとって最大の天敵である同業者を騙す必要がなくなるのです。

別れさせ屋は、人を騙す仕事でもあります。人をうまくだますためには、必要な条件がいくつかそろっていなければなりません。

 

別れさせ屋というのは、人を騙す仕事でもあります。人をうまくだますためには、必要な条件がいくつかそろっていなければなりません。いくら優れた別れさせ屋であっても、その条件が厳しければ、別れさせ工作依頼の難易度も上がってしまうということです。

 

別れさせ屋は、優秀な工作員を雇い、万全な準備をして仕事に臨みます。
しかしそんな別れさせ屋にとっても厄介な依頼がいくつか存在します。
例えば、ターゲットが引きこもりであったりすると、自然な出会いを演出するのが難しくなります。また、ターゲットが別れさせ屋の手口をよく知っている場合は、なるべく接触しないのがべたーです。

激安別れさせ屋のあぶない実態 リンク紹介

別れさせ屋の工作、復縁屋の工作 別れさせ屋のエキスパートによる別れさせ工作対応~復縁したいから 復縁のための別れさせ屋。愛する人が居るからこそ、心が引き裂かれるほどの想いを 別れさせ屋ウェブサイト~別れさせ屋(工作)のご案内。 別れさせ屋と浮気調査~別れさせ屋を比較!!