別れさせ屋に断られることもある!依頼を受けられない事例まとめ

別れさせ屋に持ち込まれる相談のうち、約半数は依頼をお受けできていません。
その原因は「法的に多少グレーなことも頼める」と勘違いなさっていることです。違法なヤミ業者であればどんな依頼でも受けますが、そのほとんどが詐欺目的です。失敗する上、仮に工作を実行してくれたとしても、摘発されて業者・依頼人ともども起訴されてしまうことすらあります。

とはいえ、真心から「よくない相手と別れてほしい」と思っている人は、依頼をためらう必要はありません。安心してご相談いただけるように、別れさせ屋がお断りする例を紹介します。

 

別れさせ屋はなぜ依頼を断るのか

「別れさせ屋」は、興信所・探偵会社と呼ばれる会社のひとつです。国に許可を得て、公安委員会へ届け出た上で営業しています。当然、違法行為やストーカー取締法に反することも、それに加担することもできません。探偵の自己判断や依頼人の希望で違法行為をしてしまうと、別れさせ屋は業務停止になりますし、依頼人は刑事事件の被疑者になってしまうかもしれません。

こうした事態を避けるために、相談内容を吟味して「依頼を断る」判断も下しています。

 

依頼を断るときの判断基準

別れさせ屋が依頼を受けるか・断るかは、契約書交わすまでのカウンセリング中に決めています。依頼の内容は100人いれば100通りあり「この内容は必ず断る」という事務的な判断はしていません。ただし、判断基準が設けられています。

 

別れさせ屋が「依頼を断る」と決めるときの基準

  • 依頼人が復讐を望んでいる
  • 別れさせ屋の法令順守ポリシーに同意してくれない
  • 意思疎通が難しく、話す内容が二転三転する

 

本当に助けを必要とする人だけではなく、こんな思惑を持つ人からの相談も殺到しています。別れさせ屋を正しく理解してほしいという気持ちと、工作を必要とする人と1人でも多くお話しできるようになってほしいという願いから、依頼を断る具体例を紹介します。

 

依頼を断る例1「カップルへの嫌がらせ目的」

別れさせ屋は「嫌がらせ目的の依頼」を断る

別れさせ工作は、関係者全員が幸せになることを最終目的としています。相談内容から「単にカップルを痛めつけたいだけ」という依頼目的を感じ取った場合、必ず断っています。

例えば「直接接点はないが何となく腹が立つので別れさせたい」「自分が個人的に嫌いな人と共通点があるので別れさせたい」というご相談です。別れさせたいカップルの相手方と因縁がある場合、事実関係・いきさつ・今の相談者の生活にどんな影響を及ぼしているのか、しっかりと聞き取りをさせていただきます。それが勘違いや思い込みでないかチェックするためです。

 

依頼を断る例2「肉体関係や脅迫による工作を希望している」

別れさせ屋は「ハニートラップ・肉体関係をもつこと」はしない

別れさせ屋工作で使われるテクニックは、話術・交渉術・心理学やボディランゲージ研究を組み合わせたものです。異性工作員を近づけて肉体関係をもたせる「ハニートラップ」は、別れさせ屋の適法性をめぐる裁判でも違法だと判断されています。事前に相談者から聞いた情報を使って「別れないと秘密を暴露する」といった類の脅しをすることも、当然ありません。

この点をご理解いただけず、工作内容を思い通りにしようとする人に関しては、やはりお断りの対象となります。

工作プラン全体の説明と「何故これが最適だと判断したのか」という理由については、小さな疑問も逃さず解消しながら説明しています。是非なんでも質問してください。

 

依頼を断る例3「ストーカー行為が目的」

別れさせ屋は「つきまとい&ストーカー目的の依頼」を断る

なかには、一方的なターゲットへの好意・興味が膨らみすぎて「別れさせたい」と希望する人もいます。相手の幸福を願うのではなく、自己満足のために依頼を希望する人に関しては、やはり依頼をお断りしています。

ただし、ご自身では「つきまとい行為かもしれない」と思っていても、客観的に見るとそうではない場合もあります。

 

別れさせ屋の判断を仰いだ方がいい例

 

別れさせたいと希望する状況には、実に多種多様なものがあります。多くの人は、別れさせ工作を希望する理由が単なる自己満足なのか・それとも相手のためなのか、自問自答しながら相談にお見えになります。まずは別れさせ屋スタッフに相談していただければ、適切な判断を下すことが出来ます。

 

依頼のコツは「希望をはっきりさせておくこと」

別れさせ相談前に、出来る範囲でゴール地点を決めておくことをおすすめします。多くの方が「まず浮気調査をして二人の関係を確かめたい」あるいは「復縁したい」と希望されています。

工作完了後の展望が見えなくても構いません。調査や工作中におのずと答えが出ることだからです。ただ、別れさせ屋として「法規に反することや嫌がらせ目的の依頼にはご協力できない」ことにご理解いただければと思います。

 

 

 

別れさせ屋のもとには日々相談が集中しますが、その半数は「依頼をお受けできない内容」です。その理由は別れさせ屋のスキル不足ではなく、依頼内容や目的そのものが不適切であることです。本当に助けを必要とする人が別れさせ屋に安心して相談できるよう、現役の別れさせ工作員が「別れさせ屋が依頼を受けない理由・判断基準・具体例」を紹介しています。もし判断に迷う場合は、ぜひ相談員にお話ししてください。自分のとるべき行動を見つけられますよ。

激安別れさせ屋のあぶない実態 リンク紹介

復縁のための別れさせ屋。愛する人が居るからこそ、心が引き裂かれるほどの想いを 別れさせ屋と浮気調査~別れさせ屋を比較!! 別れさせ屋ウェブサイト~別れさせ屋(工作)のご案内。 別れさせ屋のエキスパートによる別れさせ工作対応~復縁したいから 別れさせ屋の工作、復縁屋の工作